結婚の報告の順番について

結婚の報告の順番

結婚報告は女性側の両親から

無事にプロポーズが終わり、互いの結婚の意志を確認した後には、両方の両親への報告を兼ねた挨拶が待っています。堅苦しく考える必要はありませんが、今後末永く付き合っていく義理の両親とは仲良くなりたいものです。その第一歩として、古い慣わしに従って、女性側の実家を優先して訪問した方が良いです。結婚に際して、女性側の方が嫁入り道具などを揃えるケースが多いので、それを考慮して優先させるのです。確認のために、男性側の実家には事前にこのことを伝えておくと、行き違いによって起こるトラブルは避けられます。新しく親族が増えるのですから、慎重に進めなければなりません。

両親への結婚の報告の順番

プロポーズして結婚することに決めたら、次にすることは両親への報告と挨拶です。女性側への報告を優先的にするというのが一般的な慣例ですが、よく考えてみるとそれは何故なのでしょう。それは、いまだに「嫁をもらいに行く」という認識があるからです。テレビの挨拶シーンでも、必ず「お嬢さんを僕にください」と挨拶しています。女性側への挨拶を先にして、もらう許可を得た後に男性側にするというのが一般的な流れなのです。しかし、家族の形は変化し、結婚の意味も変わりました。もらうもらわれるという感覚は希薄になってきているのはないでしょうか。きちんと双方の両親に受け入れてもらうことが大切でありますので、慣例は慣例であって、その順番は重要ではありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚の報告の順番について. All rights reserved.